ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

Civ4(BtS) Fall from Heaven 2 プレイレポ -シェアイム- Vol.6 
カテゴリ : Civ4

Civ4 Fall from Heaven2.031eのプレイレポです。
前回の続き。すでに2.032が出てしまっていますが気にせずこのまま続けます。ターン272、アムリテと戦争しつつようやく遠洋の大陸にある文明との邂逅を果たしたところから。



すべての文明が出揃う

ターン272:バルセラフおよびリョース=アルファーと技術交換。シェアイムにとってはこれが初の技術交換である。

この2つの文明の指導者パーペンタク(バルセラフ)とアレンデル=ハイドラ(リョース=アルファー)は積極的に技術交換するタイプらしく出会ってすぐ交換可能な状態でした。

ターン276:ドビュロと遭遇。

指導者はキャラドン。悪属性。

ターン277:グレゴリと遭遇

指導者はカシエル。中立属性です。

各国の状況を整理

これで、ついにすべての文明と出会うことができました。ここで各文明の立地や勢力について整理してみましょう。まずは立地から


これはターン286くらいのころのミニマップです。
マップ左側はシェアイムにとっては既知の世界で、近海で繋がった上下2つの大陸があります。上の大陸にはシェアイムとアムリテ、下の大陸にはカザードという状況。

続いて右側の大陸。ここには4つの文明が存在しています。緑のリョース=アルファー、黄色のバルセラフ、水色のドビュロ、黄土色のグレゴリです。リョース=アルファーはバルセラフを両側から挟み込むように位置し、下半分にドビュロ、グレゴリという配置。

続いてスコアと宗教について。


スコアについては、バルセラフが少し突出している状況。左側の大陸のアムリテとカザードの弱さも突出していますが。宗教については、右側の大陸では緑葉の同胞がが主要な宗教となっています。

やはり都市数の多いバルセラフとリョース=アルファーがスコア的に2強を占めています。領土面では土地の狭い左側の大陸は不利ですね。技術に関しては、バルセラフ、リョース=アルファー、シェアイムと続き、その後ろは結構間が開く感じです。

私は今回のプレイではかなり商業系と研究系の技術を優先して開発してきているため、この時点で技術に関してはまだ決定的な遅れとはなっていません。さらに、偏った研究をしていたせいか、バルセラフとリョース=アルファーと技術交換できるネタもそれなりにある状態です。ただし友好度の関係で出会って間もないうちは交換に応じてくれる技術は限られていました。

一方で、宗教系など一部の技術や、遺産の建造に関しては遅れをとっています。この段階で完成させた世界遺産が1つしかないというのは少しさみしい。まあそれでもその1つというのが絶対に譲れない大図書館であるので、満足してはいます。

状況としてはまあそんなところ。では続けましょうか。

銅を入手

ターン277:第4都市の圏内で銅が産出された。

いやっほい。やっと銅製の武器が使えるようになります。

首都攻略、そして休戦

ターン278:アムリテの首都に総攻撃をかけ、これを落とす。

それにしてもアムリテは未だに戦士と斥候が主力。ちょっとかわいそうになってきます。

これで、アムリテは残り3都市となりました。ただ、残り都市を落とすには少し兵力に不安が出てきたので、体勢を立て直すためにここで一旦休戦します。

変質の技術と有り金をすべてはき出させます。

今回の戦争で奪ったのは2都市だけですが、アムリテの中でも上位2つの都市です。おまけに軍の主力も壊滅しているのでもう立ち直れないでしょう。休戦期間が過ぎたらすぐに滅ぼす予定です。

今回はあまりターンが進みませんでいしたがここまで。
次回に続きます。
関連記事
カテゴリ : Civ4 | タグ : PCゲーム ストラテジー AAR
2008/06/02 22:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。