ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

M2TWアメリカキャンペーンを終えての感想 
カテゴリ : M2TW

というわけで2ヶ月近く続けてきたM2TWアメリカキャンペーンですが、この記事をもってプレイ完了です。何の話か分からない人はこちらからどうぞ。

それにしても3週間くらいで終わると思っていたのですがやはりこのゲームは時間がかかりますね。

以下、プレイを終えてのアメリカキャンペーンの印象・感想です。これからキングダム始める人の選ぶ際の参考にでもなれば。


・特徴的な雰囲気
やっぱりキングダムの中では一番「色」が出ているキャンペーンかなと思います。本編も含め、他のキャンペーンが扱うのはいかにも中世といった面持ちなのですがこのキャンペーンが扱うのは大航海時代とそれに続く拡張の時代です。スペインは初めから大砲持ちなので旧来のようなはしごや破城槌や攻城塔を使うようなケースは少ないでしょう。どっぷり中世に浸かりたい人にはちょっと向かないかもしれない反面、気分を変えてプレイしたい人はいいと思います。圧倒的多数の原住民を蹴散らしたい人はこちらを選ぶべし

・難易度は低め?
無印のグランドキャンペーンでは国境を接するCPU国家がことごとく宣戦布告してきて苦労した記憶があります。私は神聖帝国でプレイしたことがあるのですがデンマーク・フランス・ヴェネチア・ハンガリー・ポーランドを同時に敵に回して「イーッ!」となりました。このキャンペーンのマップはカリブ海を中心に現代で言うとフロリダ~テキサス~メキシコ~中米諸国あたりの三日月形の陸地が取り囲む形になっています。あまり接する国は多くないのでそんなに苦労しないと思います。私は無印の印象が強く残ってたのでキャンペーン難易度「易しい」にしたのですがもっと難しくしても良かったと思います。

・スペイン強し
やっぱり強いです。しかも圧倒的に。コンキスタドールに太刀打ちできるユニットなんかいません。開始時点で2つしか都市を保有していませんが、序盤に3回くらい本国からの増援が軍団引き連れてやってくるので初期の勢力拡大がかなり楽ですね。原住民側でプレイして知略の限りを尽くしてスペインを倒すのにもそれはそれで面白いかもしれません。特にアパッチやチチメクは途中から騎兵や銃兵も使えようになるのでなかなか楽しそうです。

ま、こんなとこですかね。次に何やるかとかはまだ考えてません。アメリカだけではもったいないので他のもやりたいのですが、しばらくの間は他のゲームかな?また気が向いたら再開しようと思います。

では~

関連記事
カテゴリ : M2TW | タグ : PCゲーム
2008/05/11 22:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。