ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

E3 2011の感想 その2 
カテゴリ : 気になるゲームや話題

先週はちょっとゲームお休み週間だった。途中まで進めているPortal2のCoopとかCities In Motionとかやろうと思ってたけど、気分的にあまりゲームやる気が起きなかったのよね。

だからディスガイア4ばかりやっていたのだ(アレ?)

そんな理由から、あまりプレイ記録として書くネタもなかったので、既に時期を逸したE3ネタをまだ引っ張ることにした。

前回のE3感想で書ききれなかったこと。

Xbox360関連
正直、個々の発表内容はちゃんと見ていない。4gamerとかの記事のタイトルにKinectの名前がずらりと並んでいたなぁーくらいの印象しかない。

ちょっとこれは大丈夫なのかな、という気はする。前回の記事で、グラフィックは現行の据え置き機でもう十分、ということを書いたが、ただ、Xbox360についてはCPUに余裕が無い。

前回書いたように、これからはグラフィックよりも、いろんな入力デバイスからの入力を処理したりするための処理能力の重要性が高まってくると思うので、その点でXbox360はライバルよりも不利に見えるんだけど、MSがどう対応しようとしているのかが良くわからない。

Kinectに関しては、Kinect自体に処理プロセッサを搭載して箱○本体の処理能力不足を補ったわけだけども、今後はどうなのだろう?PS3なんかを見ていると、Torneみたいにゲーム機を使って新たなことを実現する機能が今後も出てきそうな予感を感じるのだけども、Xbox360は性能的にそういった可能性を感じにくいんだよなぁ。

逆に、KinectそのものはWindowsとの連携とか、今後もいろんな展開があって楽しそう。あ、ちなみにKinectはいずれ買うつもりです。PS Moveも。Torneは自分の場合、使い道がないけど価格的には買ってもいいぁなってレベル。

いつの間にか箱○の話題ではなくなっているので、このへんにしておこう。

PS3とPS Vita

Wii Uのような使い方もできるんじゃないかってのは前回書いたし、みんな思ってるだろうから省略。

あと、やっぱPS3とVita連携で期待したいのはクラウド関連かな。セーブデータを同期して、PS3で遊んでいるゲームの続きを外でVitaでやるってのはみんな望むことだと思う。

最近、PSPのモンハンのPS3リマスターとかでそういうのがあるけど、個々のタイトルではなくPSNのインフラとして搭載して欲しい。そんで2つのハードに両対応しているゲームをPSNで出して、買った人はPS3でもVitaでもどちらでもプレイできるようにする、と。対応できるタイトルは限られるだろうけど、あれば他のハードにはない強みになると思う。

これは実現性は高いと思っているんだけど、ただ、不安なのが、「これをやるためにはPS3版とVita版両方買ってね」って方式になること。そうなったらソニーの商売センスを疑うぜよ。

ネットワーク戦略
E3では特にこれといった話はなかったと思う。特に、任天堂がこれまで遅れていたネットワーク関連について、Wii Uではどうなるのかってところは非常に気になるところなのだが、発表がなかったのはちと驚きだ。

おかげでWii U発表後に任天堂の株価は下がったという。それくらい重要になってきているってことなのだが、確かに任天堂からはその方面で期待できそうな気がしない。今回、発表がなかったことで見切りを付けられちゃったんだろうね。

ソニーはPS3のところで書いたので省略

Xbox360はどうだろうね。当初はいちばん先進的だったXbox360のネットワーク戦略だけど、このところ特に進化していないように思う。Windows Live系のサービスとの連携ができるのでソニーよりは有利かなぁって以前は思ってたけど、今のところそっち方向ではあまり大した展開はないし。Winゲーと同じゲーマータグが使えることくらいかな。

それよりも今はTwitterやFacebookとかとのソーシャル系のサービスとの連携の方が圧倒的に重要になってるけど、その方面では特に箱○が優位に立ってるわけでもないしねぇ。

マイクロソフト自身が何でも手がけちゃうソフトウェア界の巨人であるってのも、あまりいい方向には働いていないように見える。最近は、GoogleやSteamとかと協力しているPSNの方が有利かなって思えることもあったり。

PCゲームについて
おまけ。今回のE3とは関係ないが、PCゲームについて。
PCゲーム自体は従来からなーーんも方向性は変わらないが、これからは厳しくなるんじゃないかな。

日本の場合、住宅事情から家庭内でもノートPCが普及したことでデスクトップが衰退した。おかげで既に国内では息をしていないPCゲーム市場だけど、今後は海外でもタブレットがPCから市場を奪うことで、PCゲームをやるためのプラットフォーム、すなわちデスクトップPCの普及台数が伸び悩みそう。

もちろん、コアなPCゲーマー層やPCが得意とするシミュレーション・ストラテジーゲーム大好き層、まあ言ってしまえばPCゲームやるためにPC買ってしまうような人種は一定数はいるはずなので、PCゲーム市場が急速にしぼんでいくことはないとは思うが、もう少しライトな層、「PC持っているからとりあえずPCゲームやり始めた」ような層は、デスクトップPCのシェアと共に今後数が減ってくるんだと思う。

もちろん自分もPCゲーマーの一人であるという自覚はあるんだけど、最近ちょっと思うんだよね、「ミドルタワーのPC本体って何であんなにデカイの?」ってw

つーかiPadが欲しい・・・

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。