ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

E3 2011の感想 
カテゴリ : 気になるゲームや話題

今週頭に開催されたE3 2011の感想。

高画質を追求する時代は終わったっぽい?

Wii Uの本体側のスペックはあまり詳しく明かされていないみたいだけど、Xbox360やPS3よりもさすがに上だろう。でも今回の発表では、HD対応について触れられたものの、ライバル機を凌駕した、といったようなアピールのされ方はしていない。

大手ゲームメーカーも、きっとWii Uのグラフィック性能でしかできないゲームを開発しようなんて思わないはずで、開発コストと市場規模を考慮すると、どうしてもマルチプラットフォームのタイトル中心にならざるを得ない。いずれWii Uにも対応したクロスプラットフォーム開発用のゲーム開発ツールやエンジンが出てきて、これまでのPC、Xbox360、PS3で出ていたマルチプラットフォームのタイトルがWii Uでも出るようになるんじゃないかな。

だから、今回のWii Uの発表でグラフィック面において重要だったのは、HDに対応してこれまでの弱点を克服した点にあって、それ以上にプッシュする意義を任天堂は感じていないものと思われる。

フルHD出力に対応してる最近の据え置き機にとって、それ以上の画質向上はあまり重要ではなくなってくるんだと思う。だってさ、PS3のゲームやってて、特に画質とか不満に感じないじゃん?性能で言えば最近のPCのグラフィックボードの方が遥かに上なんだけど、まあ自分はあまり気にならない。気にするのは、数で見れば全体のうちのかなり少数派だろうと思っている。

ゲームの幅を拡げる入出力インターフェース

性能面よりも、Wii Uで注目を浴びたのは何といってもコントローラー。見た目のインパクトと、大きな液晶画面、そして本体側から画像が送られてくる方式に注目がいったように思えるけど、個人的には多彩な入出力インターフェースを備えている点が重要と思ってる。

Wii Uのコントローラーが備えているのはタッチパネルにアナログパッド、十字キー、RLキー、加速度センサー、ジャイロセンサー、カメラ、マイクと、まるでこれまでの据え置き機や携帯機、スマートフォンまでをを含めたゲームコントローラの集大成のよう。

ここから感じることは、任天堂はWii Uでできるゲームの幅を狭めたくなかったのだと思う。多彩な入力を備えることでどんな種類のゲームにも対応でき、特定のジャンル・カテゴリのゲームにとって不向きなハードにはしたくなかったんじゃないかと。明らかにコアゲームに不向きだったWiiの反省だね。

そしてWii Uならではのゲームということに関しては、まあ、とりあえずいろんな入力を用意しておけば、そのうちどこかのメーカーから出てくるようになるでしょう。

ゲーム機として出来ることを意識したVita

Vitaの発表も、基本的には任天堂と同じ方向性かなと感じた。こちらもWii Uのコントローラー同様、多彩な入力を備えていて、GPSや背面タッチパネルまで備えている。従来型のゲームがプレイできるのは間違いないが、そこからさらにプラスして、今までDSやスマートフォンでしか出来なかったような、タッチパネルを使用したゲームもできるようになるので、遊び方の幅が広がったと言える。Wii Uのコントローラーと比べると液晶画面が小さいが、それでもPS3と組み合わせることでWii Uと同じようなことも技術的には出来そう。

反面、性能面に関しては、こちらもそれほど強いアピールはなかったように思う。PSPの時は、たしかPS2並みのグラフィック表現が可能、みたいに言われていたと思うが、VitaがPS3並かというと、さすがにそれはないと思う。さらに1年でipad、2年もすればスマートフォンに抜かれるだろうからそんなに性能面を強調するわけにも行かないのだろうし。

方向性としては、無理にスマートフォンと張り合おうとせず、あくまでゲーム機としての進化を目指す姿勢が示されたのがよかった。形状も従来のPSPを踏襲し、液晶画面もPSP Goみたいに小さくなってはいない。

やっぱね、今のところスマートフォンでは携帯ゲーム機の置き換えにはならんと思うのですよ。ゲーム機には物理キーやボタンが必要だと思っている。タッチパネルだけだと、どうしても入力精度に難があるし、ただでさえ小さいスマートフォンの液晶画面が自分の指で見えづらくなってしまう。

カジュアルゲーやタワーディフェンス、そしてアドベンチャーゲームなど、スマートフォンでも十分適したゲームはあるのは確かだが、コア寄りな、精度の要求されるゲームや情報量の多いゲームはやはり厳しい。

そういった点を考えると、Vitaの採った、遊び方の幅を追求した戦略は正しいんだと思う。


こんなところかな。他にXbox360とかネットワークサービス関連、PS3とVitaを組み合わせてどんなことができそうか?といったあたりも多少気になるところはあったので、まあ、こちらも気が向いたら書きます
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。