ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

Torchlightプレイ日記05 
カテゴリ : PCゲームRPG


Torchlightはフロア20のボスEmber Golemを倒して、そのちょっと先まで進めた。
個人的にはこのあたりの前後でプレイの仕方をかなり変えたので、ここはちょっとした一里塚とも言える。ハック&スラッシュというゲームがようやくわかって来たという意味で。


きっかけはこのEmber Golemのビーム攻撃一発で死んでしまったこと。難易度HARDとは言え、これはショックだったわ。「え?これ勝てんの?」とかマジで思った。

この2フロア前あたりから主人公が死んでしまう事が増えてきて、トドメとばかりにこの出来事があったもんで、さすがに自分のプレイ内容に問題があるだろうと思って攻略情報を見て回ったのよ。

それで自分のプレイ内容でよくなかったと思ったのは、レベルアップで得たスキルポイントや成長ポイントをかなり余らせたままプレイしていた事と、育成の方向性をほぼまったく考えていなかった点っす。まあつまり、レベルアップしても、ほとんど能力上げずに進めてたわけですね。

・・・て書いてみて自分で思ったけど、「悩みのレベルが低い」ってツッコまれそうで怖いw


まあそんあわけで、育成方針を考慮しつつ余ってたポイントを割り振ることに。
ALCHEMISTの場合、魔法攻撃主体で行くか召喚メインで行くかってところが分かれ目だけど、既に召喚魔法Summon Alchemical Golemを習得していた反面、今までワンド武器メインで戦っていたため攻撃魔法にはほぼ全くポイント割り振っていなかった。そのため今後の育成方針としては召喚で行くことにして、新たにNether Impのスキルを習得。さらにペットや召喚モンスターの能力をアップさせるスキルや装備を身につけた。


召喚メインで行くようになると何かちょっとしたRTSの小部隊みたいになってくる。以前はゴーレム1体だけだったのですぐにプレイヤーキャラが敵の攻撃目標にされてしまっていたんだけど、上の画像のようにImp3体にスケルトン3体、ゴーレムが2体と、これだけ召喚すれば滅多なことではプレイヤーキャラが敵に肉弾戦を挑まれることはなくなった(このスクショはちょっと後になってから撮ったものなので、Ember Golemとの最戦時はここまで豪華な状態ではなかったけど)


そして迎えたEmber Golem戦。
今度は前線に召喚した部下を押し出しつつ、プレイヤーは安全な位置から攻撃。ビーム攻撃は瞬間移動スキルのEmber Phaseで回避。


そしたらいともあっさり、ノーダメージで楽に倒せてしまった。

なるほどー、スキル使うとこんなに違うのかー。

いやほんと、ようやくハクスラが分かってきた気がしたw
昔、ダンジョンシージをプレイした時はあまり深く考えてプレイしなくてもゴリ押しできてしまったので、今回の体験は新鮮でした。すごく面白くなっきた!
関連記事
カテゴリ : PCゲームRPG | タグ : PCゲーム
2011/05/05 00:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。