ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ウイニングポスト(Winning Post) 7 2010プレイ日記#10 
カテゴリ : Winning post 7 2010


<今年の一枚>

ついに記念すべき第10回目。
いやぁこの2ヶ月間このゲーム以外はほとんどやってないんで積みゲが貯まる貯まるw


1995年

入厩馬

グラモコング
牡/父スラヴィック/ダンジグ系/自家生産

ツクバシンフォニー
牡/父デインヒル/ダンジグ系/海外セリ

ペントミノ
牡/父スラヴィック/ダンジグ系/自家生産

バジリーコックス
牡/父スラヴィック/ダンジグ系/自家生産

グラモエイジ
牡/父スラヴィック/ダンジグ系/自家生産

グラモチグサ
牝/父スラヴィック/ダンジグ系/自家生産

見ての通りスラヴィック産駒ばっかだ。
前にも書いたけど、93年産(92年種付け)はブライアンズタイム系を狙い始める前に種付したのでこうなってる。ダンジグ系が親系統になったら使いやすそうだと思って適当なダンジグ系のスラヴィックに種付けして、あわよくばスラヴィック自体も系統確立できないかな、とその時は考えたのだ。

が、ダンジグ系はほっといても親系統になるってのと、スラヴィックが2000年に引退してしまうことは後で知った。そもそも、スラヴィック自身はシャトル種牡馬らしく日本の血統支配率に計上されてない気がする。

というわけで93年産はちと失敗。スラヴィックがかなり爆発力を上げやすい血統構成なおかげで産駒の能力は高いんだけどね。
ちなみに、スラヴィック産駒はすべて早熟馬だった・・・

現役馬

まずはこの年の主要G1戦線の振り返り。

所有馬では3歳組が主に活躍した。

マヤノトップガンがダービー、菊花賞、有馬勝ち。
ダービーは史実では勝ってないけど、何度かオート進行して見てたら、だいたい5割くらいの確率で勝ってたと思う。

そしてテケテケテケとテアルコの自家生産組2頭。
この2頭は強いんだけど距離適性と成長型がかぶっているのが悩みの種。

テアルコの能力値。
前回載せたテケテケテケと見比べると、使えそうなレースがかなり似通っていることがわかると思う。ただ、こっちは2000mを走れるので、そこが棲み分けポイントになりそう。


血統表。
これまた親系統レベルで見るとノーザンダンサー、(やがて親系統になる)ヘイルトゥリーズン、ミスタープロスペクター、ナスルーラを含んでいないので、種牡馬になったら血脈活性化がやりやすそう。繁殖入り後に名種牡馬・大種牡馬因子が3つ残るのもなかなか使い勝手がいいね。

テアルコ・テケテケテケ共に海外を含めるとこの年にG1を3勝している。古馬になったら海外メインで使っていく予定。


賞金ベースで見ると、ドージマムテキもわりと活躍してた。

年末

マヤノトップガンが年度代表馬になり、所有馬から初めて年度代表馬が出た。

去年に引き続き、最優秀馬主賞を獲得。
デインヒルが輸入されてきたので、系統確立狙いで購入。


ブライアンズタイムが初のリーディングサイアー。

引退馬
・フジヤマケンザン(牡/トウルビヨン系)

種牡馬入り。
生涯獲得G1は海外で比較的取りやすいのを2つ。能力的にはもっとできる馬だと思うんだけど、うまく引き出してやることができなかった。

・ロイスアンドロイス(牡/グレイソヴリン系)
G2とG3をけっこう勝ったので繁殖入り

・グラモグラウベン(牡/ネイティヴダンサー系)
Wサヨナラ配合で作ったネイティブダンサー系。ダート馬
スピードは62程度だがJBCスプリントを勝ったおかげで繁殖入り。

・グラモサマー(牡/モスボロー系)
スピードは55くらいなので能力的にはまったくダメダメだが、
モスボロー系保護のため馬主選択枠で種牡馬にした。

・トーワダーリン(牝/サーゲイロード系)
G2レベルの活躍

繁殖

シンジケートが組まれたのでブライアンズタイムには2頭しか種付できず。あとは適当な零細血統に種付けしていった。
ちなみに、ブライアンズタイムは前年にナリタブライアンとチョウカイキャロルが活躍したおかげで種付け料が450万→1000万にまで上がっている。

次回に続く。
関連記事
カテゴリ : Winning post 7 2010 | タグ : PS3
2010/11/28 17:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。