ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ウイニングポスト(Winning Post) 7 2010買いました 
カテゴリ : Winning post 7 2010


ウイニングポスト7 2010買いました!

この9月の後半から10月の上旬にかけては超有力タイトルや個人的に気になるゲームが山盛りで、ざっと挙げてみるだけでも
・Halo:Reach
・デッドライジング2
・Civilization 5
・大神伝
・カルネージハートエクサ
・Red Dead Redemption
とプギャーとなりそうなラインナップなんですが、そんな中なぜかウィニングポスト7ですよ。

私は特に競馬はしませんが、初めて買ったクラシックロード(何作目かは忘れましたがPSで出ていたやつ)という作品が面白かったので以後いくつか競馬ゲーを買うようになりました。クラシックロードでは年代が進むと種牡馬が引退していき、かわりに今度は引退した競走馬が種牡馬や繁殖牝馬となります。そして配合を通じて世代を重ね、血統、というか自分なりの歴史を作り上げていくというシミュレーションゲーとしての楽しさがありました。

その点ダビスタは違いますね。あれは血統や歴史を作るのではなくたった1頭のために配合や調教を緻密に計算して「最強の競走馬」を作るゲームって感じですね。正直調教とかはどーでもいい私にとってはあまり楽しめるタイプのゲームではありませんでした。

ウイニングポストシリーズはというとクラシックロードのように血統や自分なりの競馬史を楽しむゲームで、より複雑で多彩な配合理論や、繁栄した種牡馬の血統が新系統を樹立したりと、さらに楽しめる要素が強化される方向に進化してきています。私が過去にプレイしたのはPS版の4とPC版の5ですが、特に5は思い入れがあって、かなりプレイしたと思います。PC版では競走馬の能力一覧とか配合時の爆発力を検索できる便利なツールがシェアウェアで公開されていて、わざわざ買ってましたからね。

そしてこのウイニングポスト5以来、ずっと競馬ゲームからは遠ざかっていたのですが、約10年ぶりにシリーズ最新作のウイニングポスト 7 2010を購入。実を言うとこのウイニングポスト7は数年前から気になっていて、ほぼ毎年マイナー(と言うのもおこがましいほどの微量な)チェンジを重ねて出るたびに買おうかな~っと気にもんでいたのですよ。

で、かなり完成度が高そうだったマキシマム2008のPC版を買いそびれているうちにプレミア化してしまって手が出せず、他のプラットフォームは有志が便利ツール作ってくれるPC版と比べると見劣りしてしまうし、2009年版はPSPでしかでないし、というわけで気になりつつも買えないという状況でした。

そんなところに2010年版の登場ですよ。

「まだ焼き直しで引っ張るのか!」

と突っ込まずにはいられないコーエー商法の極致ではありますが、まんまと飛びつく私です。しかも、買ったのはあれだけ欲しがっていたPC版ではなくPS3版です。ぶっちゃけ、トロフィー対応が決め手で選んじゃいましたw だってどうせやるなら目標あったほうが楽しいじゃん!

という訳で、例によってクソ長い前置きで1エントリ消費してしまいました。今のところプレイ開始から数年ほど進めていますが、具体的なプレイ記録は次回から書いていきます。
関連記事
カテゴリ : Winning post 7 2010 | タグ : PS3
2010/09/26 21:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。