ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

エンドオブエタニティプレイ日記001 
カテゴリ : Xbox360・etc


エンドオブエタニティはじめましたっ。

レビューサイトなどでの評価が近年のJRPGの中では最高レベルだったので買おう買おうとは思っていたんだけど、やはり人気があるのか長い間価格が高止まりしていて、最近になってようやくXBox360版の方で値が下がり始めたところを購入。


今はもう初めてから10時間くらいやっているかな?評判どおり、すごく面白いです。

リアリティよりもゲームとしての面白さを追求したような感じで、JRPGお得意のキャラクター・シナリオのみならずシステムや戦闘もとてもいい出来ですね。特に戦闘に関しては、「〇〇システム」とか銘打ちながら既存の要素の組み合わせを変えただけになっていることの多い昨今のJRPGの中にあって、非常に独特で奥の深いものになっています。


「いつまで飛んでんだよ!」「その体勢、ありえないわー」とか、最初のうちこそ思ったりもしたのですが、慣れるとダイナミックでバリエーション豊富な演出は見ていて楽しいです。何より、この戦場を走りまわることはバトルシステム的に非常に重要で、システムと演出が融合して素晴らしいゲーム体験を提供してくれます。


銃の改造はさらに輪をかけて非現実的なものなのですが、ここまでやられると、「ああ、ツッコミはなしよ、ってことね」ということが分かります。ネタにマジレスってやつですね。そうなるとこの改造も、その前提となるパーツの入手も含めていろいろ考えどころがあるので、やっていて面白い。

うーん徹底的に「ゲーム」してるなぁ。紙芝居でも映画でもないところに好感が持てます。洋ゲーが、「いつも同じセリフを返す村人」ではなくプレイヤーの行動に違和感なく反応するリアルなインタラクティブ性を提供することでゲーム性を高めているのに対して、アプローチは違いますが、このゲームのようなやり方だってゲーム性を高めるという点ではありではないかと思います。


シナリオ面では、まだ序盤なので全体的なストーリー的なものはなく個別のエピソードがポツポツある程度なのですが、3人の主役のキャラクターとその掛け合いが面白いですね。基本的にはコメディなノリです。


買う前から、このゼファーといういかにも従来型RPGの少年主人公っぽいキャラが好きになれなかったのですが、意外にいじられキャラでよかった。そして戦闘中のアクションでは3人の中では彼が一番カッコいいかなって思います。

今はチャプター4をプレイ中。結構長そうだけど、久しぶりにガンガン進めてるのでわりと早くクリアしそうな予感。
関連記事
カテゴリ : Xbox360・etc | タグ : Xbox360 連載初回
2010/06/27 08:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。