ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

Mass Effectプレイ日記01 
カテゴリ : Mass Effect


Gears of Warのお次はMass Effectを崩しに取り掛かる。このゲームは今年になってから買ったのであまり積んでた意識はないんですけどね。

それとRPGなんで多分このシリーズはネタバレ全開になると思う。


このゲームはどちらかというと発売前の注目度よりも出てからの評価の高さで地位が上がったというか、そんな感じのゲームだと思う。そのおかげで、既に海外で発売されている2作目は押しも押されぬビッグタイトル扱いと言えるんじゃないだろうか。

さて、ゲームを始めるとまずはキャラメイクということでプレイヤーキャラの生い立ちやクラスを選択した後、顔作成に入る。珍しいことに今回は女性キャラにしてみた。

モデリング項目はそれなりに多くてOblivionと同じくらいあるが、普通に人間の顔になるところがOblivionと違うところだ。

で、こうなった。実はこの顔、けっこうあちこちで見かけるというか、どうも女性キャラの場合、日本人的に正解と思える組み合わせがこれしかなさそうなのだ。

その他のプロフィールはこんな感じ。

名前はエイミー・シェパード(シェパードは固定)。例によって適当につけたので全く意味はない。
生い立ちは軍人の家系に生まれたエリートタイプみたいな感じにした。
クラスはヴァンガードという、ファイタータイプとウィザードタイプを半々にしたようなクラス。

そしてゲームが始まる。

導入部はいかにもシネマティック。壮大な音楽とともに船内を進む主人公の後姿。うわぁ、このあたりの徐々に徐々に盛り上げていく演出がすごくいいです!あーそうなんだ、こういう演出とかそっち方面に力入れてるゲームなんだ、ってここで気づきましたよ。洋ゲーRPGと聞くとどうもJRPGと対極にあるものを創造しちゃってたんでね。

そしてジャンプステーションのようなところからスペースジャンプに入る主人公の乗船。

これがまたいい!これですよ!
私はスターウォーズやスタートレックのような地味なジャンプ表現はあまり好きではなく、こういうプラズマ光とかがバンバン出てくる派手なのが好きなのです。SFはこうでなくちゃ。


・・・あーやばい。ここまででゲーム開始からたったの2分ちょっとなのですが、、あまりにも自分の好みにマッチしすぎておかしなテンションになっています。


人物の顔の表現がすごいリアル。しかもこれFFのムービーシーンみたいなプリレンダーではなく多分リアルタイムで描画してると思う。ちょっと自信ないけど。でも普段の会話時とかもこんな感じだし。


う~ん美人だ。

えーと結局ゲームプレイに入る前に相当の分量食っちゃった。続きは次回ということで(汗
関連記事
カテゴリ : Mass Effect | タグ : Xbox360 連載初回
2010/03/16 23:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。