ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

A列車で行こう9 ビュアーソフトを入れてみた 
カテゴリ : PCゲームその他


意外にサクサク動く!

というわけでグラフィック的にかなり気になるPCゲーム、A列車で行こう9のベンチマーク兼ビューワーソフトが公開されました。

http://www.a-train9.jp/product/viewer.html


なんとプレイヤーが作ったマップを読み込んで、閲覧したりマップ内を自由に探索できるのだそうです。自分のPCでA列車9が動作するかどうか確認するためのベンチマークとしても使えますね。

インストールするとビューワー本体の他に環境設定ツールのアイコンができるのでまずはそちらを起動。

私のPCは最近買ったものなので、Core i7、Radeon HD 5770と、スペックとしては高い方だと思います。上の画像のように、高めの設定をしても特に問題なくサクサク動いてくれました。それでも、PCのスペック以前に日本のPCゲームメーカーの技術力にはあまり期待していなかったのでここまで軽快に動いてくれたのは意外でした。

※一応フォローしておきますが、アートディンクは個人的に好きなメーカーです。シミュレーションゲーを中心に私好みのニッチな分野のゲームを作り続けてくれているので


平均でだいたい40fpsくらいは出ていました。試しにfrapsで録画もしてみたのですが、28fpsを下回ることはなかったです。ウィンドウモードでははウィンドウサイズを変えると解像度も変わるようで、デフォルトのウィンドウサイズ(たぶん800×600くらいかな?)のままなら55~60fps近く出ています。

また、64ビットのwindows 7は動作対象外になっていましたが、 特に問題も無く動いてくれました。
実際のゲームとビューワーは同じわけではないので油断は禁物ですが、とりあえずは一安心。


あと、環境設定でちょっと面白いのが「イラスト描画」という項目で、これを有効にすると、トゥーンシェーダーっていうんですかね?RPGゲームとかで多いと思うんですけどアニメ調のテクスチャになります。

たとえば、これ。

これはイラスト描画は無効のままの表示なのですが、イラスト描画をオンにして同じ場面を表示させると、


こんな感じです。ちょっと線が太めでくっきりしています。このサイズの画像だとちょっと分かりにくいかもしれませんが、実際の画面の表示だともっと顕著な違いが出ています。こちらのモードでも意外に違和感がなくて、いい感じです。

概ね好印象なのですが、ただ、グラフィックは遠景とか都市全体で見るとスゴイんですが、わりと大したことないところもあります。全体的に見て、グラフィックはトロピコ3の方が上だなと感じました。

草木とかの表現がしょぼいのかな?建物が林立するさまはそりゃもう素晴らしいんですが、空・水・緑などの自然物の表現がちょっと物足りないです。


まあ、とはいえ何といってもこのグラフィックで日本の都市を開発できるのは大きな魅力!欲しい度が急上昇しました。あとは、、、価格がなぁ。
関連記事
カテゴリ : PCゲームその他 | タグ : PCゲーム
2010/02/04 23:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。