ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

Defense Gridが面白すぎて 
カテゴリ : PCゲームその他

ハァイ!ども!

最近は先日のSteam激安祭りで買ったゲームを遊んでます。

最初に手を付けたBraidのクリア後、この3連休にDefense Gridをやり始めたんですが、これがもう超おもしろくて大ハマリしました。すでにプレイ時間12時間越えで、寝食を忘れて熱中してしまいましたよ!



グラフィックがきれいというだけの軽い気持ちで買ったんですけど、予想以上に面白かった。タワーディフェンスゲームなんてだいたいどれも同じシステムなわけなんですけど、年末年始にやってたPSPのエレメンタルモンスターTDポータブルよりも面白く感じました。どっちかってゆーとこういうゲームはちょっとした暇つぶしに適しているので携帯ゲーム機とかの方が向いてると思うんですけどね。うーん何ででしょうね?




やっぱりグラフィックやエフェクトが派手で小気味いいところがよかったのかな。ガンタワーの「ババババババッ」っていうような連射は見てるだけでスカっとするんですよ。

TDゲームってのはどれも敵が目的地に到達するのを阻止することを目的としていて、撃ちもらした場合にはなんらかのペナルティがあります。そこはこのゲームも同じなんですが、敵が目的を達成するまでに2段階の状態がありまして、最初は敵がマップ上に配置されている「コア」と呼ばれるエネルギー源みたいなものを入手するまで。そして次に入手したコアをマップ外に運び出すまで、となっています。要はこのコアを奪われないようにするのがプレイヤーの目的なんですけど、当然ながら敵がコアを目指している段階よりもコアを入手して持ち去ろうとしている段階の方がプレイヤーとしては危機感があります。単純に敵が通路を通り抜けていくだけのTDゲームよりも緊張感があっていいです。


ステージによっては、タワーを建設可能な領域と敵の行動領域が分離されておらず、敵が通る最短系路上に建てると、これが障害物となって敵はタワーを迂回するようになります。そのためうまくタワーを配置すれば、敵に非常に長い経路を通らせるような迷宮も構築可能です(ちなみに、ルートを完全に遮断することはできません。迂回路がないと敵は強引にタワーとタワーの間の隙間を突破していきます)。このルート作りも戦略性があってゲーム性を高めてくれていますね。そうでないステージもありますが、バリエーションという観点ではそのほうがよいでしょう。

無理やりこのゲームのいいところを頭で考えてみましたが、このあたりですかね。実際のところ、プレイ中はこんなこと考えていないので本当にこれが理由かわかりませんが、まあとにかく面白いのは間違いない!

すでにストーリーモードはクリアしたので後は実績コンプを目指します。

では!(この後またやりますw)
関連記事
カテゴリ : PCゲームその他 | タグ : PCゲーム
2010/01/11 23:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。