ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

A列車で行こうDSプレイ日記#10「門前町」 その1  
カテゴリ : A列車で行こうDS

前回の続き。

A列車で行こうDS、今回からはシナリオマップ「門前町」です。

実はこのマップはかなり苦労しました。序盤でいろいろミスっていたらしく、途中、本気でやり直そうかどうか迷ったのですが、苦しいながらもプレイを継続して何とかクリアできました。残り期間1年くらいでのクリアとなり、あまり他の人にとっては参考にならないでしょうが、まあこれは私のプレイ記録なんでまんま書いていきます。


今回のマップの特徴として、陸地が山に囲まれているため、隣接する地域への接続には海かトンネルを利用するしかありません。また、前回のベッドタウン計画同様、初期状態でマップ上に駅がありません。

初期人口は4600人ほどで、マップの目標は以下となります。

商業20%以上
鉄道総延長100Km
新幹線開通

商業20%以上というのが、感覚としてどれくらいの難易度になるのかこの時点ではあまりよくわかっていませんでしたが、これはあまりたいした問題ではありませんでした。終ってみた今なら、最大のポイントは新幹線開通のための資金集めと言えます。

前回のマップと比べると、土地の少なさが目に付きますが、どうせ前回のマップでもマップ南西部しか開発しなかったのであまり影響はないです。苦労するのは資材調達で、鉱脈を使えた前回と比べると、工場を建てるか海上輸送しかないのでそこは厳しくなっています。

ということで、ここからがプレイの様子。

1年目

まず、長期的な資材の確保を目的として港のすぐ近くに工場Cを建設します。その工場を建てるための資材は外部から輸入するしかないので、最初は港を輸入モードに設定します。そして資材の搬入と工場の完成まで時間があるので、今のうちに技術供与を受けておき、さらに、駅の建設予定地周辺まで資材を運び込んでおいた。

工場が完成したら環状線の建設に取り掛かる。



こんな感じ。建設直後のスクリーンショット撮ってなかったんで4年目の状態ですが。例によって複線とし、ちょうど川を挟むようなかたちで南と北に2駅ずつ建設しました。北側に西舟道駅・東舟道駅。南側に東社駅・大通駅。



東舟道駅だけは、のちのち北へ別路線を引くために4ホームとしている。また、大通駅には定番のデバDを建てた。

環状線が川を越える必要があったため全線高架にしていたのだが、おそらくこれがミスだったと思う。3年契約で200億の借金をしておいたのだが、ここまでやったら残り資金が9億になった。初期投資がかさみすぎて後々資金繰りにものすごく苦労することになるのである。

とりあえず、もう投資できる現金がないのでここから時間を進める。資金不足でまともに道路も引けてなかったので、1年目は鉄道や子会社が上げた利益を順次道路整備に投入していっていた。

そして12月時点の状況。
人口は1万を越え、発展状況は悪くはない。しかしやはり問題は財務面だ。



損益は真っ赤っかです。

この時点の損益計算書はマイナス242億となっており、経理部長も頭を抱えるハズである。当然ながら、1年度目での黒字決算はこの時点であきらめている。やはり初期の支出が多すぎたようだ。

なかなか前途多難な感じですが、次回に続く。
関連記事
カテゴリ : A列車で行こうDS | タグ : NDS
2009/12/20 23:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。