ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

デスクトップPC購入の巻<2> 
カテゴリ : ハード・デジタル機器

デスクトップPC購入の巻その2。

今回はベンチマークをいろいろ測ってみた。
買い替え前後のPCのスペック等は前回の記事に書いたとおりです。

ディスクアクセス

今回のPC買い替えの目玉とも言える点はシステムドライブにSSDを導入したことです。これはさすがに期待してしまうでしょう。

まずは先代PCのCristalDiskMarkの測定結果。

まあこれでもそんなに悪くないんじゃないかな。9月にノートPCで測ったときよりもだいぶいい数値ですし(ノートと比較すりゃ当たり前か)。

さて、それではSSDではどうなるんでしょうか?

おお、やっぱりいいですね~。4Kのランダムライトがすごい値だ。
ただリードがあんまり出てないのが気になります。このSSDはインテルのSSDSA2MH080G2C1というやつなんですが、ネットで見つかる他の方の測定結果と比べても低めみたいです。う~んチューニングとかが必要?ファームウェアは最新より1つ古いもののようでした。

トータルな性能

CristakMark2004R3での測定。
乗り換え前デスクトップPCはこんな感じ。

RADEON HD 4850積んでるだけあってグラフィックはそこそこかな。メモリはDDRなんでダメだね。

乗り換え後。

さすがCore i7ですなぁという値だ。
実は最後の測定項目の測定時に固まってしまって、強制終了させました。なのでOGLの値は本当はもっと高いのかもしれません。

3D性能

やはりゲームブログとしてはゲームのベンチマークもとってみないと。
今回のPC乗り換えでグラフィックカードはRADEON HD4850からRADEON HD5770になりました。性能的には大差ないとは思いますが、いちおう5770の方が上のはずです。
デビルメイクライ4のベンチマークで比較してみました。

乗り換え前。

94.27
92.85
104.99
53.11
のAランク。
RADEON HD4850なのでSとってもおかしくないと思うんだけど、CPUとかが弱いからかな、と思ってます。

次に、乗り換え後なんですが、これは残念ながらDirectXの画面キャプチャを撮る事ができませんでした。今まで使っていたキャプチャソフトでキャプチャしても真っ黒な画面しかとれなかったんです。Windows 7に対応できてないのか、64bitに対応できてないのかはよくわかりませんが。

なので数値のみの紹介になります。
このベンチはDirectX9とDirectX10でそれぞれ測定できるので両方やってみた。

 参考値(先代PC:RADEON HD4850)RADEON HD5770(DirectX9)RADEON HD5770(DirectX10)
Scene194.27134.71106.97
Scene292.85113.3692.40
Scene2104.99159.86132.75
Scene253.1195.5275.02
ランクASS

どちらも乗り換え前よりは上ですが、DirectX9の方が平均で20ほど上です。うーんこれはどういうことでしょう?ベンチマークかゲームエンジン自体がDirectX9に最適化されているということだと思えばいいのでしょうか?それともドライバの出来?うーむわからん。

その他

ベンチマークは以上のような結果ですけど、実際の使用感はもう爆速ですね。タスクバーからieのアイコンをクリックするとあまりにも一瞬でウインドウが表示されるもんで、もしかしたらWindows7ではIEは常駐ソフトになったのかと一瞬思ってしまうくらいの速さです。

あと、これはケースとかファンにもよるのでしょうが、アイドル時の音はかなり無音に近く、1m離れたら全くなにも聞こえないくらい。CPU温度も4つのコアそれぞれ26~28℃くらいでした。夏にどれくらいまで上がるのかは気になるところ。負荷時の温度は測っていませんが音については特に変化は感じられませんでした。

RADEON HD5770については、おそらくリファレンスカードと全く同じ仕様と思われますが、アイドル時には45℃くらいで結構高めです。ファンは自動制御にまかせてますが、だいたい35%くらいでまわっているようです。ただし、これでも4850のリファレンスと比べるとかなりましになったと思います。4850のリファレンスは温度とファン制御はあまり評判よくなかったですからね。

【12/14追記】
その後、PCゲーム(M2TW)をグラフィック最高設定で遊んでみたところ終了直後のグラフィックカード温度は51℃、CPU温度は通常時と変わらず25℃~28℃という状態でした。Core i7は発熱・消費電力に関してはあまり期待できないと思っていたのですが、Turbo Boostの効果なのか、低負荷時には非常におとなしいですね。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。