ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

A列車で行こうDSプレイ日記#4「臨海新都市」 その1<攻略失敗編> 
カテゴリ : A列車で行こうDS

チュートリアルも終わり、ここからがこのゲームの本番です。
今回のマップは「臨海新都市」。チュートリアルを終えるとマップの難易度を選択できるようになるので、ここからは難易度を「易しい」から「標準」に上げて挑戦です。

が、実は初回の挑戦では攻略に失敗してしまうんですよねぇ~(笑
ちょっとチュートリアル気分が抜けてなかったようです。

まあ、でもこの失敗では得るものが大きかった。これまでの3つのチュートリアルマップでゲームの操作を学ぶことはできたが、チュートリアル明けに最初にぶつかるこのマップでは、都市開発のコツを学べると思う。今回は、この反省点と教訓を中心に簡単に記事にしておこうと思う。

というわけで、今回のマップ。

北部はある程度開発済みだが、地域のほとんどが、まっさらな埋立地となっている。

クリア条件は
人口10万人
鉄道総延長200Km
となっている。開始時点の人口は約6千人であり、埋立地でできた人工島の開発がミッションと言えそうだ。

まずは状況の確認から。埋立地にはほとんど何もないので、北部を拡大してみる。

黄色が駅名で、水色が地区名。水色の文字が潰れて見にくくなっているが、左から、野岬地区、白原地区、東白地区と書いてある。

このマップ、住宅地や商業地はまだまだだが、工業だけは最初からかなり発達している。
樫臨海駅と工場前駅の近くには工場Cがそれぞれ3つづつあり、莫大な量の資材が算出される。また、新永平田駅~永平田駅の間に小規模な工場が4つあり、さらに東白地区には鉱脈まである。資材の心配は全くないといえる。むしろ、これらの資材をうまく隣町にまで運び出して利益を得る方が重要だ。このへんは、貨物列車や3つある港をうまく活用したい。

大体このような状況。
ここからは、私の初回プレイでの反省点と教訓を書いておこう。

・借金の失敗
アホなことに、融資期間1年で400億もの借金を1契約でしてしまった。当然1年で返せるわけがないのだが、「1年後に別途借金してそれを返済にまわそう」などど、倒産寸前で自転車操業を繰り返す企業の社長みたいなことを考えてしまっていた。
借金には上限があるので、実はこの時点でもう既に詰んでいた。開始1年で借金が返せず、アウト。会社の固定資産を切り崩せはゲームオーバーだけは乗り切れるが、さすがにこれはやり直したほうがいいだろう。いやはや、なんともアホである。
教訓:借金は1年で返そうとするな、複数年契約で借りて繰り上げ返済だってできる。

・埋立地に手を出さなかった
秘書と業務部長の助言に従い、1年目は本土側の開発に専念してしまった。具体的には、既存の新永平田~永平田~樫~樫臨海駅をつなぐ路線を敷き(永平田は少し南に移動させた)、複線でまわしていた。
しかしこれはかなりもったいなかった。実は、人工島はほとんどまっさらな土地ではあるのだが、所々に高層ビルや展示場×3、スタジアムや工場C×3など、非常に大きな乗客需要を持つ施設が建っているのだ。これらをうまく使えば、実は意外にもそれなりの量の乗客(と、その結果として駅周辺の発展)が期待できる。
教訓:秘書と業務部長の言うことはでたらめだ!白原地区に進出するくらいならはじめから埋立地に進出せよ!

・駅は駅ビルに
確かにコストは大きいが、駅ビルにしないと高層建築が建たない(建ちにくい?)。最初駅舎にしておいて、1年目の終盤に駅ビルに変えたとたんに中層以上のビルがにょきにょき建ち始めた。既存の駅舎を駅ビルに変えるのも、最初から駅ビルを建てるのも、どちらも同じ20億円なので、たとえランニングコストが安くても、駅舎から変える場合は駅舎の建造費5億円が無駄になる。
教訓:乗客が少なくても先行投資と思って最初から駅ビルにすべき

・野岬地区開発の失敗
野岬地区には最初何もないし、人工島とのつながりも薄いため、完全に無視してしまっていた。土地も狭いのでまだ白原地区の方がマシだろうとさえ考えていた。
しかしこれは間違い。樫臨海駅の南側工業地帯から生産される資材は、貨物列車でマップ左側の隣町に搬出するのがいちばん手っ取り早く、どうせ線路を引くことになるので駅も建ててしまった方がいい。しかも、私は樫臨海駅から資材を搬出していたのだが、野岬地区内に新駅を建てて、そこから運び出した方が隣町までの距離が短く、効率がよい。また、海を隔てているが、工業地帯へも実は野岬地区の方が近く、工場3つすべてをカバーすることができる。さらに言えば、工場自体がかなりの乗客需要を持っているので、他に何もない野岬地区でもそこそこの旅客が得られるのだ。樫臨海駅の場合、距離的にいちばん南側の工場をカバーできないので、資材搬出にはトラックを併用する必要がある。
教訓:樫臨海駅南側の工場生産物は野岬地区から運び出せ


こんなところだ、この教訓を胸に、次こそは攻略してみせるっす!

次回「臨海新都市」その2
関連記事
カテゴリ : A列車で行こうDS | タグ : NDS
2009/10/31 23:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。