ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

Civ4(BtS) 世界の岐路(Crossroads of the World) プレイレポ Vol.3 
カテゴリ : Civ4

前回の続き。
第3都市を建設して、マップ中央方面への足がかりを作ったところから。

序盤戦

たぶんこのシナリオでは戦争はあまり重要ではなく、経済面が重視されるのだろうと思うけど、全体的に展開はおとなしめだ。どの国もせっせと内政に励んでいるような感じで展開していく。

ターン14、ゲーム開始時からいた2体目のギルドマスターがバグダッドに到達し、交易ギルドを進出させる。


ターン当たりの黒字額が22ゴールドに上昇した。
この時点で他国はまだどこにも交易ギルドを進出させていないので、収益面ではけっこう先行しているのではないだろうか?



ターン20、教育の研究が完了し、ルネサンス時代に突入する。自由主義が研究リストに登場したのでまっしぐらにこれを目指す。

ターン22、初めて他国が交易ギルドを進出させたもよう。ずいぶん遅かったけど、これで経済レースの幕開けですね。

この時点でのスコアはこんな感じ。

まだオスマンやティムールに遭遇してないけど、暫定1位。(大)って付いている国家は、このシナリオの主要文明ね。

ターン28、首都で最初の偉人、大技術者が誕生。そのまま首都で定住させる。

ターン29、自由主義の研究が完了。さらに無償のテクノロジーとして経済学をゲット。

ターン33頃の状況

すでに資金力と人口では他を圧倒してるけど、ハンマー生産量や軍事力では負けています。

ターン37、ゲーム開始後に生産した3体目のギルドマスターがアンティオキアに進出した。これでターンあたりのゴールド収入が100を越えた。予算は研究100%にもかかわらず。交易ギルドは効果大きいなぁ

ターン40、第4都市ビブロスを建設。場所は首都と第3都市の中間あたり。


上の画像にもすでに見えているが、ラスール王国のギルドマスターが次のターンには首都近郊にまで近づいた。

また護衛なしである。ちょうど(やることがなくて)首都に駐留させていた国籍秘匿ユニットの盗賊団を使って、このギルドマスターを撃破することができた。やた!

ちょっと短いけど、今回はここまで。
展開的に序盤はあまり大きな動きがなかったけど、次回あたりから少しずつ動き出します。
関連記事
カテゴリ : Civ4 | タグ : PCゲーム AAR ストラテジー
2009/09/28 23:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。