ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

428本編クリアしました 
カテゴリ : Wiiその他のゲーム

ようやくですが、428のストーリー本編をクリアしました!
いやぁ面白かったです。

買ってから2週間くらい経ちますが、プレイ時間は短かったのであっという間に終わってしまったなという印象。でもすごく密度の高いシナリオでした。

後はおまけシナリオがまだ残ってるけど、とりあえずここからは本編シナリオについて、クリア後の感想を少し。

ここから下はネタバレ注意です。




やっぱり感想となるとどうしても『街』と比較してしまうけど、まず、街の場合はサブタイトルにある「運命の交差点」の文字通り、8人の主人公それぞれに物語があって、途中でお互いに関わり合うことはあるけど最終的には8人それぞれの結末を迎えることになるんだよね。基本的には8つの独立した物語って感じ。まあ、「馬」と「牛」みたいに関連度の高いものもあったけど。

それに対して、428の場合は最初のうちは独立した話にみえるけど中盤以降徐々に各シナリオの関連度が高まっていって、最終的には一本に合流する。終わってみれば根幹となる1本の主題をいろんな登場人物の立場・視点から見てたって感じになるのかな。

なので、「街」よりもはるかに深みのあるストーリーだったと思う。どのキャラもストーリー上の必要性というか、役割上本当にそのキャラが必要だったことが感じられる内容になっていました。街の場合はキャラ間の関わり方がなんか「たまたまそこにいた」って程度の関わり方だったから。
それに加えて演出もいいですよね。展開が早くてストーリーにぐいぐい引き込まれていくんですが、ホントにいいところで「To be continued...」になるんでついつい先を読み進めたくなります。

その反面で残念だったのは、ちょっと個別のシナリオが弱かったかな、というところ。
途中から1つのシナリオに収束してしまうせいか、それまでの各主人公のストーリーが軽く流されちゃってる感じです。一応、どのシナリオも形としてはそれなりの結論が出てるんだけど、各シナリオにちゃんとしたエンディングが用意されていた「街」と比べるとねぇ。

ボリュームも少なく感じました。これもたぶんテキスト量の問題ではなく、同じシーンを複数キャラ視点で見るようなシナリオだったからじゃないかなぁ。終盤はちょっと同じシーンを何度も見てるような感があったんだよね。仮にテキスト量が同じだったとすると、「街」みたいに独立性が高い複数シナリオ構成の方がおなかいっぱい感があったと思う。

細かい点ではもっといろいろあるけど、感想として真っ先に浮かんだのはこの個別シナリオの扱いについての「街」との違いですね。全体としては評判どおりで本当に面白かったです。これで個別シナリオももっとしっかりまとめ上げてくれれば・・・というのが本当に惜しいところでした。

関連記事
カテゴリ : Wiiその他のゲーム | タグ : Wii
2009/05/18 23:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。