ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

レゴ・インディージョーンズ:先に映画を観とかないとつらいかも 
カテゴリ : Xbox360・アクション

どもども。

最近買ったレゴ・インディージョーンズなんですが、どうもゲームに出てくるデモシーンだけじゃストーリーが全然よくわからないので、わざわざインディー・ジョーンズの1~3作目のDVDをレンタルしてきちゃいましたよ。

ゲーム的にはセリフがぜんぜん無いので英語版でもまったく困らないのですが、そのセリフがないってところでやっぱストーリーがよく分からないんですよね。いや、よくわからんというか、よく憶えてない

断片的なシーンは絵的に憶えてるところも多いんだけど、じゃあストーリーは?とか言われると全然答えられんわけですよ。


アジアの山奥で酒場を開いていたインディの昔の恋人マリオン。
ここまではかろうじて憶えてた。

だけどこの先の細かいやりとりがまったく不明。
「何でこの人こんなところにいたんだろ?」とか「なんでインディはこんなところに来たわけ?」ってところが、セリフ無しのジェスチャーだけじゃさっぱりわからんのですよ。
せめて文章かナレーションであらすじ的な説明くらいは欲しかった。

う~んこれじゃまったく楽しめない。


ってことでDVDを借りてきたわけ。
ちょっとゲームの話から外れるけど、あらためて観てみると、やっぱ面白いですよね。

予想外の発見というか、昔の映画なので画質は相当悪いのを覚悟してたのですが、意外に普通に感じた。劇場へ見に行った人とレーザーディスクを持ってた人を除けば、大半の人の記憶にあるインディ・ジョーンズってきっとテレビの再放送かVHSの画質なんですよね。
そこへリマスターされたものを見せられたんで、ちょっと記憶にあるものと違ってびっくり。
音響も5.1chサラウンドになるとだいぶ臨場感が増す。

ゲームの方へ戻ります。まだ進行的には全然序盤で、2つめのエピソード。

大学で講義をするインディ。
映画ではまぶたにI love youと書いた女学生がインディにウィンクして見せるのですが、さすがにレゴブロックで表現するのは無理だったらしく、目そのものがハートマークになるという演出に変更されていました。

この後、同じ大学の考古学仲間(副学長らしいです)がアークの話を持ち出してきて、ナチスに軍事利用される前に探し出せってことで、そのカギとなるアイテムを持ってるマリオン(親父が考古学者だった)のところに行くって流れ。


映画にないアクションシーンもある。
さすがに映画のシーンだけじゃボリューム的に持たないので当たり前といえば当たり前だが。

アクションゲーとしては、正直言ってそれほど面白くはないかな、って思います。
はっきりと"悪い"と言うほどでもないんだけど、謎解き中に敵が定期的に沸いて来たりと、ちょっとイラつくところもありますね。やっぱマリオギャラクシーをやった後にやると、ちょっと差を感じてしまう。


でもバズーカはいい。スカっとするぜ。

まあそんな感じさ。

あと最後に、wikipediaを見てビックリしたことがあるんだけど、インディ・ジョーンズって1作目の失われたアークよりも2作目の魔宮の伝説の方が時間軸的には古い設定なんだね。全然知らなかった。
関連記事
カテゴリ : Xbox360・アクション | タグ : Xbox360
2008/12/25 02:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。