ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

4gamer.netがコンシューマゲームの情報を取り扱い始めた件 
カテゴリ : 気になるゲームや話題

最近、4gamer.netの運営方針が少し変わりましたよね。それに関連していくつか思ったことを書いてみます。

【お知らせ】コンシューマゲーム情報の掲載を開始しました (4gamer.net)

話は大きく2点

  • これまでのようにPCゲームやオンラインゲームだけではなく、コンシューマゲームの情報の取り扱いを始める
  • 読者レビューの追加


■コンシューマゲーム情報の取り扱いについて

えーと個人的には全然うれしくないです。

今まで4gamerを見てた人でこれを喜ぶ人がいるんでしょうかね?コンシューマ機のゲームもやる人は他のサイトでも情報収集してるでしょうし、PCゲームオンリーの人から見たら単に情報の純度が下がるだけです。

ま、でもこれは1PCゲーマー側の立場から見た話なので、4Gamer側の立場を推測してみると次のような要因も絡んでいるでしょうかね?やっぱしょうがないのかな

・PCゲームとコンシューマゲームの垣根の縮小

引用元の記事にも以下のように書いてあります。
かつてはお互い“別世界の住人”だったPCゲームとコンシューマゲームの垣根も,昨今では徐々になくなりつつあります。

確かにそうですね。かつてはPCゲーム←→コンシューマ機の間のゲームの移植というのは一部の例外を除いてごく稀でしたが、最近はFPSジャンルのゲームを中心に、移植どころか最初からマルチプラットフォームで作られるゲームも多くなってきました。そのため恐らく「PCだけでしか出ない」タイトルの数も減ってきていると思います。

こういうマルチプラットフォーム対応タイトルは発売日や価格などの点を除いた、ゲーム内容部分に関してはどのプラットフォームでもほぼ同じですので、コンシューマも含めたゲーム総合情報サイトとなったとしても記事を書く手間はそう増えないでしょう。それでコンシューマゲームのプレイヤーにも読んでもらえるようになるのだから効率がよい、と判断したのかもしれませんね。

・PCゲームの市場規模の小ささとその対策としての新たな読者層の開拓

PCゲームの市場規模ってどうなんでしょ?コンシューマに比べて圧倒的に小さいのはわかりますが、拡大してるのか縮小してるのか私はよく知りません。

現在の規模でもかなり厳しい状況とか、もしくは規模自体が縮小してるとしたら、新たな読者層の獲得のためにコンシューマゲームの情報を取り扱うというのもまあわかります。PCゲームとコンシューマゲームの垣根が低くなりつつあることも考えたらなおさらですよね

■読者レビューの追加について

これはいいですね!

今までPCゲームについてプレイヤーのレビューがまとまって載ってるサイトがありませんでしたので(私が知らないだけ?)。

しかも、実際に見てみると思った以上に良かったです。

記事本文の横にはそのゲームについてのプレイヤーの評価が表示されている。

ゲーム情報サイトの記事とプレイヤーの評価が結びつくとこんなによくなるとは意外でした。記事を見て「お、これは面白そうだな」と興味を持ったゲームについて「でも実際のところどうなんだろ?プレイヤーの評価も知りたい」ってこと、ありそうですよね?
こっちも単に私が知らないだけで、こういうサイトって既に普通に存在してるのかな?海外のゲーム総合情報サイトとかではありそうな気がするな。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。