ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

【PSPゲームレビュー】街 ~運命の交差点~ 特別篇 
カテゴリ : ゲームレビュー

しばらくぶりのゲームレビューです。

SEGA THE BEST 街 ~運命の交差点~ 特別篇SEGA THE BEST 街 ~運命の交差点~ 特別篇
(2007/08/30)
Sony PSP

商品詳細を見る


街 ~運命の交差点~ 特別篇
公式サイト http://chun.sega.jp/machi.html

私は過去にセガサターン版を持っていました。当時プレイした記憶としてはけっこう面白かったという記憶だけが残っていて、ストーリーはほぼ忘れてしまっていたのでわりと新鮮な気持ちでプレイできました。

PSP版はPSP-2000の発売日に本体と一緒に購入。プレイし終わってから10ヶ月くらい経ってます。

以下、レビューです。


まずはじめに、このレビューはあくまで純粋に現時点におけるこのゲームの評価です。
「サターン版が出た当時は斬新だった」とかそういうのは評価に反映させてないつもりです(無意識に入ってるかも)。

どんなゲーム?

チュンソフトお得意のサウンドノベルです。1998年に出たセガサターン版を初めとして、PSなど他のハードにも移植されています。PSPで出ているこの「特別篇」は追加要素として本編の脇役に焦点を当てた「サギ山篇」と「パトリック・ダンディ篇」が追加されています。

実写ならではの表現力、特徴あるキャラクタと一風変わったシナリオ

実写の静止画を紙芝居風にして読み進めていくスタイルのサウンドノベルです。写真はかなりの枚数が使われているので静止画とはいえ表現力は非常に豊か。渋谷の街のあちこちを舞台にダイナミックに物語が展開していきます。
このあたりは実写の利点ですね。CGで背景を1から作るより大量のシーンが作れるのでしょう、「かまいたち」や「弟切草」などと比べて遙かに登場人物達の行動範囲が広く背景として描かれる場所も多いです。

ストーリーは全体的にシリアスと言うよりはちょっとおバカなノリのものが多めで、役者さん達もそれを最大限生かすようにちょっと大げさな感じの身振りで演技をしてくれています。これも実写なので実に多彩な表情やポーズでシーンを盛り上げてくれます。CGだったらおそらくいくつかのパターンのポーズや表情を使い回す形になっていたことでしょう。

特別編で追加された「サギ山篇」の主人公サギ山はまだ売れる前の窪塚洋介が演じています。このあたりも見所ですね。
ただし追加要素で追加された2つのシナリオは「秘蔵シナリオ」ということで、要は没シナリオだったわけなのでそんなに面白くはありません。あくまで「クリアした後ももっと街の世界に浸っていたい」プレイヤー向けですね。

絡み合う運命とザッピングシステムによるシナリオへの介入

本作を特徴付けるザッピングシステム。8人の主人公それぞれの物語が同時展開するのでプレイヤーは主人公を切り替えながら話を進めていきます。ある主人公のシナリオで選んだ選択が他の主人公のストーリー展開に影響することで、話が変化したり新しい選択肢が出現するのでただテキストを読んで選択肢を選ぶよりも、プレイヤーが物語に介入している感があります。

作りも非常に丁寧で、どのバッドエンドにも親切なヒントがついていますし何よりバッドエンド自体も面白いので全てのバッドエンドも見てみたくなります。

ビジュアルの古さが目につく

実写ならではの弱点もあります。やはり登場人物の服装や髪型などがどうしても古くさいんです。これがかまいたちの夜のようなCGを使ったサウンドノベルならあまり古いとかそう言った時代感を感じなくて済むんですが、実写はどうしても・・・ね。特に女性はファッションの変化が激しいので今見るとちょっとありえない服装だったりして少しストーリーへの入り込み度が落ちてしまいます。

ロードも気になる

UMDのロード音がかなり気になります。頻繁、とまではいかないですがやはり少ないとは言い切れませんね。要所要所でこのロード音が入るので気が散ります。

総評

得点:60

イメージ評価(5段階)
シナリオ:4
実写による表現力:4
快適度:2
ザッピングシステム:4
やはり古さは払拭できない度:4
チンチコーレ!:5

正直なところ、昔サターン版をプレイした時ほどの面白さは感じませんでした。2回目だからか、私が歳をとったからか、それともゲーム全体の水準が昔よりも上がったので相対的にあまりこのゲームを面白く感じなくなったのか。

それでも一番肝心なシナリオの面白さは健在なので未プレイの人はやってみる価値はあると思います。廉価版も出ていて安いですしね。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。