ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

3Dドットゲームヒーローズ プレイ記録#1 
カテゴリ : 3Dドットゲームヒーローズ

3Dドットゲームはやっとゲームを本格的にはじめました!

キャラエディットの方はこんな感じ。

前回の記事に書いたとおり、元ネタはPCゲーム「SPORE」で自分が作ったクリーチャーです。前回の記事の状態からもうちょっと太めにしてみた。

斜め後ろ。


へたっぴですが、別にいいんですw

エディットは全部でポーズを6つ作る必要があって最初はやる気をなくしたんですが、慣れればそんなに大変ではないですね。基本的に、ベースとなるものを1つ作って、後はそれをコピーして手直しすればいいだけですから。

範囲選択とブロック移動を組み合わせて使えば腕や足を丸ごと移動させたりもできるので、歩行のポーズもすぐにできました。

というわけで、このキャラを使用してゲームを始めました。

A列車で行こうDSプレイ日記#1「青葉リゾート区」 
カテゴリ : A列車で行こうDS

先日買ったA列車で行こうDSですが、チュートリアル用のステージからやり始めて、今現在2つ目のステージをプレイ中。

なので今回は最初のステージ「青葉リゾート区」のプレイ記録です。

まず最初、ステージを開始する前に、システムデータとしてプレイヤーの会社名と代表者名を登録するのですが、まあここは

会社名:ぐらもTS
代表社名:ぐらも

とかにしておきました。TSはトランスポーテーション・システムズのつもりね。

では、ステージ開始。

最初のうちは、秘書さんからいろいろ説明を受けながら駅や線路の作り方、列車の運行方法についてレクチャーを受けます。このへんは非常に丁寧ですね。

んで、1通りの説明を受けると、このステージの最終目標として、当期純損益100万円以上というのが通告された。たったの100万?と思うかもしれないが、最初の方で駅を建てたりして数億円規模の莫大な出費があるので、1年目でこれを達成するのは結構むずかしそうな感じ。

なので1年目はあきらめて2年目狙いでこんな感じで進めていきました。


まず、マップ中央部の海岸沿いにある南護駅。
ここはホーム3つにして、そのうちのいちばん上の1つは、この駅を中心として隣接する2つの駅を行き来する路線にした。
下の2つのホームは、この駅で折り返す路線を2つ。

要は、列車を3つ走らせたかったんです。隣接する2つの駅もそれぞれ3ホームにするのは金かかりそうだったんで、中央の駅だけ3ホームにして対応。


マップの右側の方に、まるでここに駅を作ってくれと言わんばかりに、かなり発展してるくせに空き地が用意されてる箇所が2箇所ありますのでここに駅を作りました。

ホームも駅もいちばん長いタイプにして、さらに複線にする。ここは乗客が多く、ドル箱路線になる。

あとは、マップ中央の内陸部にある2つの駅を結ぶ路線ですが、ここも複線化して列車を2台走らせる。乗客は多くないので列車は2両編成で。

ここまでやったら、あとは時間を進めて待ちぼうけです。

ちょうど1期目の3月に入ったところで当期損益の赤字額が2~3億くらいだった(と思う。忘れた)ので、あとは余った土地を売ったら黒字化しました。



途中までは、1年目で黒字化するのは無理と思ってたので、ちょっと予想外かな。

というわけで、これが最初のチュートリアルステージだったんだけど、第1印象としては、ずいぶんとっつきやすいというか、DSの2画面のおかげでマップと数値データを同時に見ることができるのはなかなか便利だなぁと思いました。

次回「青葉湾岸工業区」

Civ4(BtS) 世界の岐路(Crossroads of the World) プレイレポ Vol.1 
カテゴリ : Civ4

さて、今日は唐突に新シリーズ開始だ。しかも今さらCiv4。

なぜかって?
そりゃあ最近、塩野七海先生の「海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年」シリーズを読んでたからね。これを読んでたら「よし!交易すっぞ!!」みたいな気分が沸いてきたんですよ。

海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)
(2009/05/28)
塩野 七生

商品詳細を見る

それも、大航海時代以降の大洋を又にかけた交易ではなくて、それ以前の時代に主流だった陸路による東方貿易に興味が出ちゃって。この頃はアラブ商人達がシルクロードやインドで入手した商品をエジプトやシリア、コンスタンティノープルあたりでヴェネツィアなどの商人に売りさばいていたのですよね。

で、そういえば、確かCiv4のBtSにちょうどその時代の中東世界を扱ったシナリオがあったよなぁ~っというのを思い出したんですよ。

世界の岐路(Crossroads of the World)というシナリオで、そのテーマは中東+商業。

こんな感じのシナリオ説明。

勝利条件は通常プレイの様な制覇や文化などの勝利条件でなく、最初に30,000ゴールドを保有した文明の勝ちという、言わば商業勝利とでもいうような勝利条件の一択となっています。

さて、前置きはこのあたりにしておいて、そろそろはじめましょか。


初期設定や指導者紹介など

難易度を国王にしただけで、あとはデフォルトです。

指導者は、このシナリオでは、5つの主要文明の中から1つを選ぶことになるのだが、



マムルーク朝のバイバルスを選択。
このシナリオの指導者は全員が金融志向持ちなので、あまり大差ありませんね。海の都の物語を読んだ後なので、ヴェネツィア商人と関わりのありそうなオスマンかマムルークしか眼中にありませんでした。オスマンはちょっと立地が不利っぽい気がしたのが、マムルークを選んだ理由。

各国家の位置関係。マップは最初から探索済みの状態になっている。

5つの主要文明の他に、8つの小文明がある。主要文明とそれ以外では、初期状態で保有してる都市や技術に大きな差があるので、国力の差は歴然です。そのため、ライバルとなるのは基本的に、主要文明のどれかです。

立地的には、オスマンが不利で、ティムールがものすごく有利なように見える。ティムールは周囲に空き地が多く、しかもその大半が砂漠ではないので領土拡大しやすいはず。ただ、このシナリオはいたずらに領土拡大してもダメっぽい気がするので、もしかしたら周囲に他文明が多いほうが交易面で効率がいいのかも?そこは、やってみないとわからんね

最初の方針

まずは、外交面。このシナリオではイスラム教とキリスト教しか出てこないので、ここはイスラム国家マムルークとしては、イスラム教国と友好関係を結び、戦うならキリスト教国としたい。ただ、このシナリオでは交易をうまく活用して稼ぐことが重要なので、交易相手を減らすようなことは極力しないつもり。あまりにも邪魔になるようでない限り、特に他国を攻めようという気はない。

次に統治面。首都カイロ周辺の土地はというと、

見てわかるとおり、砂漠だらけだ。これでは土地からはろくな収益は期待できない。いたずらに都市を増やしても維持管理費が収益を圧迫しかねない。資源はほとんどが金融資産を生み出すものなので、そこだけ効率よく確保できるよう、ピンポイントで都市を配置していくつもり。

もう1つ、このシナリオで重要な点として、本編における企業とほぼ同じ位置づけにある商工会というものがあるが、すでに結構長くなってしまったので、これについては次回に。

では、続きは次回

ギレンの野望アクシズの脅威Vプレイ記録 ジオン公国編1 
カテゴリ : ギレンの野望アクシズの脅威V

というわけで昨日何度かやり直したおかげで何となくジオン編で最初にやるべき事が見えてきたような気もするので本格的に開始してみました。


OPムービーはけっこう力入ってるね。

では、ジオン軍で世界制覇を目指して!

最初のターン

最初のターンでは諜報に2000投資。2ターン目以降は1000ずつ投資して諜報レベルSを維持するようにしました。技術研究では基礎とMSにMAX、MAは真ん中の投資額を選んだ。もちろん第1次降下作戦も発動。

次に、軍事面。
ムサイはすべてコムサイを分離させて大気圏突入用に使う。初期状態でオデッサ上空にいるコムサイ以外はすべてアメリカ上空に送った。

また、オデッサ上空では、部隊を再編成して黒い3連星を複数のスタックに分散させる。そしてザクの武装を地上での攻撃特性に優れるB(バズーカ)型にする。移動力が落ちてしまうけど、オデッサ戦はどうせ山中の行軍になって1マスずつしか進めないしね。
ここまでやってから、大気圏突入

アメリカ上空の部隊も1ターン目から降ろせるだけ地上に降ろす。アメリカでの闘いは補給路の上を移動することも多く、その場合移動力5と6で違いが出てくることもあるため、こちらのザクの武装はA型のままにしておく

サイド4の部隊はドズルを除いてルナ2方面へ侵攻。ドズルの乗機は地上での適正がいいのでアメリカ上空に送る。

残りの部隊は2ターン目以降で降下させるためアメリカ上空に移動。

ここまでやったらターン進める。戦闘はまあ適当に~

2ターン目~

2ターン目でオデッサとアメリカの降下ポイントにあるエリア、そしてサイド4の右側にある宙域を制圧しました。
オデッサ戦はヘタすると3ターン目までもつれ込んでしまいますね。マップ中央上部にある拠点を制圧してしまうと、左側から来る戦車がマップ左端の拠点まで引き返してしまって戦闘終了に間に合わなくなるので、ここは制圧しない方がよさそうですね。

中央にある2つの拠点は無視してひたすら画面左方向に前進。
この画像は今日ではなくて、昨日プレイしたときのやり直し前のものなんだけどね。まだコムサイで大気圏突入できることに気付いてなくてw
宇宙の侵攻部隊は連邦の兵力削りが目的だったのですぐサイド4に引き返しました。

3ターン目で第2次降下作戦発動。1~2ターンで降下したアメリカの部隊をすぐさまキャリフォルニアに侵攻させる。このキャリフォルニア侵攻はギリギリで2ターン以内に終わらせることができませんでした。最後に残った基地が文字通りあと1歩で占領できる、ってところでターンオーバーでした。残念。

というわけで、5ターンが終わった時点でキャリフォルニア占領。4ターン目から侵攻を開始したアラビアもこの5ターン目で占領しました。

うむ、しかし思ったよりもテンポ悪いですねこのゲーム。私が何度もやり直しながらプレイしてるからかも知れませんけど。

次回に続く

EU3 IN (ヨーロッパ・ユニバーサリスIIIイン・ノミネ) イングランドAAR 1 
カテゴリ : EU3

『イングランドでゲーム開始』


2日前に買ったEU3イン・ノミネなんだけど、国家を選ぶのに悩み込んじゃって、ようやくプレイを始めました。

で、選択したのはグランドキャンペーン(1399年10月14日)のイングランド。


最初はドイツの中堅国家ブランデンブルグでプロイセン建国→ドイツ統一国家成立プレイを目指そうとしたのだが、ヘタレゲーマーの私にはちょっと難易度高そうかなって思って止めました。初回プレイとなる今回はもうちょっと国力に余裕のあるところでイングランドを。

SPORE買いました 
カテゴリ : SPORE

「発売後すぐに買うつもりはない」という2つ前の記事で言ったことをあっさりと翻し、買ってしまいましたよ、SPORE。

SPORE スポアSPORE スポア
(2008/09/05)
Windows Vista

商品詳細を見る


公式サイト http://www.japan.ea.com/spore/

今日は細胞ステージとクリーチャーステージをクリアして、次から集落ステージというところまで進めました。久々に3時間もぶっ続けでゲームをしました。

で、第1印象なんだけど、思ったより「ゲーム」ですねこれは。なんかもっと神っぽい視点から操作するゲームだと思ってましたが、実際に操作するのは1匹の個体なのでプレイ中はわりと他のゲームとそう大して変わらない感覚です。

とりあえずここまでのプレイのプレイの様子をスクリーンショットに撮っておいたので載せていきます。

まずは最初の開始画面。

銀河の星々の中から惑星を一つ選んでゲームを開始します。私は選んだ星に「オット星」と名付けました。

以下続きます。



カテゴリ : SPORE | タグ : PCゲーム 連載初回 AAR
2008/09/06 23:53 | トラックバック(0) | コメント(0)

Civ4(BtS) Fall from Heaven 2 プレイレポ -シェアイム- Vol.1 
カテゴリ : Civ4

こんばんは。
数日前からですが、ようやく始めました。Civilization 4 BtSの人気MOD、Fall from Heaven 2(FfH2)です。FfH2はCiv4本編のように人類の歴史をたどるのではなくファンタジーな世界を扱います。剣と魔法やモンスターの世界ですね。先日の記事に配布ページへのリンクや日本語化の様子などを書いてますので良かったらどうぞ。

もともとciv4はヘッタクソな上に、今回がFfH2初プレイなのであまり参考にならないかもしれませんが、これからしばらくプレイレポでも書いていきながら、FfH2のルールなど、分かったことを書いていきたいと思います。

では、始めます。

Wii Fit デ ダイエット スルゾ 
カテゴリ : Wii Fit ダイエット記

どぉも~。
ついにこの季節がやってきましたね!
え?何の季節かって?そりゃもうダイエットの季節ですよ!

と、意味不明なテンションで始めてみたいと思います。えと、何が言いたいかというとですね。今までほとんど使わず放置しっぱなしになっていたWii Fitを使ってダイエットでもしてみようかと。

実は私、毎年なぜがGW明けになるとジョギングを始めるんですよ。プチダイエットですね。ジョギングといってもそんなたいしたもんじゃないです。週に1~2回程度、家のすぐ近くを流れる川沿いにほんの2.5キロ程度、かるぅ~く走るだけです。

この程度の距離走ったってカロリー的にはほとんど消費しないんですが、不思議とこれを始めると間食が減ったりして体重が落ちるんですよ。ただ、これもなぜかよく分からないんですが盆がすぎるとこれまたピタリとやめてしまうw

おかげで私は毎年夏にやせて冬に太るというサイクルでトータル的には年間変動なしというパターンを続けています。なので今年も多分同じ流れになると思いますが、今年はWii Fitも活用しつつ楽しみながら(?)やってみようかと

今回は文字ばっかで長くなりそうなのでエントリ2つに分けます。
次、超ひさびさにWiiの電源を入れるところから続きます



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。