ぐらもゲーム日記

ゲームのプレイ日記やレビュー、気になったゲームの紹介など

スポンサーサイト 
カテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--/--/-- --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

Cities in Motionプレイ日記01「ベルリンの礎」その1 
カテゴリ : PCゲームその他



さて、チュートリアルも終えたことだしキャンペーンシナリオを始めてみようか。

キャンペーンシナリオ「大いなるヨーロッパ」

最初に選べるキャンペーンは1つだけ。たぶんクリアすると増えていくのだろう。1つのキャンペーンには複数のシナリオマップが含まれているみたいで、このキャンペーンはヨーロッパを舞台にいくつかのシナリオが展開されるようだ。

100年に及ぶ鉄道史を追体験できるとか心踊るわい。

社名は適当にぐらもユーロピアン・トランジットと命名。A列車DSやってたときに名付けたぐらもTSのグループ会社というウルトラ脳内設定でいくぜぃ
スポンサーサイト

Cities in Motion買いました 
カテゴリ : PCゲームその他


街を!街ウォーーーー!作りてえ!!
チマチマチマチマ施設作って、街行く人のパラメタ確認して統計グラフ見てえっ!

というわけでザ・箱庭の王道、都市経営シムですよ。いや、どっちかっつーと都市交通シムかな。

最近はパブリッシャとしても目立つようになってきたParadox社から出ているCities In Motionをsteamで購入しました。本当は半年前に買ったCities XL 2011をやろうと思っていたのだけど、何かあっちはけっこう難しいらしくて尻込みしてしまった。さらにCiMの方は最近のアップデートで日本語のリソースが追加されたっぽい情報があったので急遽こっちを遊んでみることにした。

Majesty2プレイ日記#04「The Baron's Bill」 
カテゴリ : PCゲームその他


前回の続き。

今回のマップは初めて難易度がAdvancedのマップだ。
ミッション目標はDi Lat城を破壊しろ、ということで今回は初の攻撃ミッションのようだ。

あ、ちなみに私はストーリーのナレーションとかは一切聴いてないし読んでもいません。ミッション目標とか、ゲームプレイに必要な部分しか読んでませんがそれでも特に問題なくプレイできちゃいますね、このゲームは。

Majesty2プレイ日記#03「The Great Towers」 
カテゴリ : PCゲームその他


前回の続き。

そうそう、ちょうどここ1週間、Steamなどでパラドの製品半額セールをやってるんでこのゲームの拡張パック「Majesty 2: Kingmaker」を買った。

Majesty2プレイ日記#01「Royal Advisor's Mansion」 
カテゴリ : PCゲームその他


数カ月前にsteamのセールで買ったMajesty2に着手しまっす!

パブリッシャはスウェーデンのパラドックス社。パラドというと歴史ストラテジーで知られているけど、けっこう自社開発以外のゲームもパブリッシュしてたりします。開発元はロシアの1C。この名前もそこそこ聞くね。

ゲームの内容はファンタジー系のRTSで、英雄ユニットが大活躍!(という程度の認識で買いました)

ヨーロッパ・ユニバーサリスIII エア トゥ ザ スローン (EU3HttT) 買いました 
カテゴリ : EU3

ヨーロッパ・ユニバーサリスIIIの3つめの拡張パック、エア トゥ ザ スローン (EU3 Heir to the Throne) が出ていたので買いました。

ヨーロッパユニバーサリスIII エア トゥ ザ スローン【完全日本語版】ヨーロッパユニバーサリスIII エア トゥ ザ スローン【完全日本語版】
(2010/04/09)
Windows

商品詳細を見る


1つ前の拡張パックのイン・ノミネの時点でも既に完成の域に達していたと言ってもいいほどの出来だったので、3つ目が出るのはちょっと意外。しかも、元から市場規模の大きくないPCゲーにおいて、今までの拡張すべてを必要とする拡張パックなんてよほどプレイヤーの忠誠心を当てにしないと出来ない芸当ですよ。

EU3 IN (ヨーロッパ・ユニバーサリスIIIイン・ノミネ) イングランドAAR 26 
カテゴリ : EU3

戦いの大地

前回の続き

1564年7月、スウェーデンの王系が途絶えた。
死んだスウェーデン前王と血縁関係にあったイギリス王フレデリック1世ウィリアムは、偶然の重なりによってこの時点におけるスウェーデン王位継承順位第1位の座を占めていた。

しかし、ここでイギリスとスウェーデンによる同君連合の成立を危惧したブルゴーニュはボヘミアを巻き込み両国へ宣戦布告。力による阻止行動へと動いたのである。
ここに今、プロテスタント勢力を2分する大戦争が始まろうとしていた。

EU3 IN (ヨーロッパ・ユニバーサリスIIIイン・ノミネ) イングランドAAR 25 
カテゴリ : EU3

嵐の前


前回の続き。

フランス方面で勢力を拡大するイギリスは、この地方の主要な敵アヴィニョンを駆逐し小国へと転落させた。しかしこの動きに危機感を持ったブルゴーニュはイギリスとの同盟を解消し、ここに新たな国家間の緊張関係が生まれることとなった。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。